2100年01月21日

キューブドラフトリスト更新(2018/9/16)

どうもジャックです。


このページは死ぬまでキューブドラフトのリストの更新をお知らせする記事になります。




コンセプトは「新旧より多くのカードが使える」「STで劇的な逆転」




なので普通に強いカードやST封じのカードは入っていません。

新参にはストレスに感じるカードパワーかもしれませんがそういうものとして作っているので。



ちなみにキューブドラフトとは用意したカードをプレイヤーが順番に選択していき、選択したカードの中から40枚をデッキにして戦うものです。



別に6人同時対戦ではなく、二人ずつ対戦して、対戦相手を変えたりして遊びます。





全330枚(55枚×6人)
光(53枚、メイン種族ガーディアン)
水(53枚、メイン種族リキッド・ピープル)
闇(53枚、メイン種族デスパペット)
火(53枚、メイン種族ヒューマノイド)
自然(53枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)
多色+無色(65枚)


全300枚(50枚×6人)

光(48枚、メイン種族ガーディアン)

水(48枚、メイン種族リキッド・ピープル)

闇(48枚、メイン種族ゴースト)

火(48枚、メイン種族ヒューマノイド)

自然(48枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)

多色+無色(60枚)



スペシャル枠(300枚中の60枚)



写真では確認しにくかったのでPDFとExcelで作り直しました。改善か改悪かはわかりません。



「PDF形式のカードリスト」







「Excel形式のカードリスト」


キューブドラフトの詳しいやり方などについては別の記事にしています。




これを使った動画投稿をしています。⇒https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw

(キュービック・デュエルマスターズch.)



では、失礼。

質問・意見などはTwitterの@btsa99まで



2018/5/7「微調整」
2018/6/4「DMRP06(ギャラクシー)追加」
2018/9/16「DMBD05・06(バルガ・ゼニス)追加」
posted by ジャック at 16:00| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

シャッフルについて(実演動画あり)

どうもジャックです。
今回は【シャッフル】について以下の通りにまとめました。

種類
実際手順
実演動画





【シャッフル】種類(有名どころ)

ヒンズーシャッフル

いわゆる『普通のシャッフル』
相手のデッキをシャッフルする時はこれでいい

すぐに楽にできるが全然混ざってはいない(動画参照)

これだけだと直前のゲームを片付けた時に隣り合っていたカード同士がほぼそのままになってしまう



ディールシャッフル

いわゆる『8山切り』『8切り』
時間がかかるが混ざっている
一回やれば直前に隣り合っていたカード同士がそのままになることはないが、ある意味規則的にシャッフルしているので少し気になる

何回か繰り返すとパターンが生まれてくる(動画参照)
※同じカードが偶数枚(4枚)使えるデュエマなどでは『8切り』、奇数枚(3枚)使える遊戯王などでは『7切り』が上記のパターンにより積み込み(イカサマ)をしやすいとのことだがその検証は省略



ファローシャッフル

いわゆる『横入れ』
(慣れていれば)すぐに楽にできる上にちゃんと混ざっている

※自分はお節介なので対戦した小学生たちに教えたりしている
※コツは力を入れないこと






実際自分がしている【シャッフル】手順

実際は何種類かのシャッフルを組み合わせてちゃんとランダムにするようにします(以下は自分の例、動画参照)


ディールシャッフルで最初のゲームの時だけデッキ枚数確認と、スリーブの状態確認(向き、傷など)をします
ファローシャッフルで何回か混ぜる(手に取る量を左右でばらしたり、差し込む位置を中心からずらしたりするとよく混ざる)
ヒンズーシャッフルで軽く混ぜる
相手に渡して混ぜてもらう




【シャッフル】実演動画






以上です。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで
posted by ジャック at 23:30| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

手札が見えちゃうの -再編集-

どうもジャックです。

非公開情報である【手札】について書きます。






競技イベント運営ルール3.10非公開情報(抜粋)

「プレイヤーは自分のカードをプレイ面よりも上に保ち、非公開情報を他のプレイヤーに見られないように努力する義務がある。」





非公開情報には【手札】【山札】【封印】などがありますが、今回のテーマ【手札】についてまとめると


①【手札】を相手から見えないところにやらないでください。

②【手札】を相手に見せないでください。


①は、

テーブルの下に隠したりしない

ということなので当たり前に思うかもしれません。



でも②は、

相手に手札が見えているかは相手にしか分からないでしょう。

そのため自分で気づいてない人がいます

周りが「手札見えてますよ~」と声をかけてくれればいいですけど、

相手の手札が見えても(自分が不利になるわけではないから)わざわざ声を掛けない人が多いと思います。







どんな時に手札が見えてしまっているか、自分の体験から挙げます。


例1「手札の持ち方で見える場合」

手札を持つ角度がテーブルと平行に近くなる人です。


で気づいていない。

身長差があると少し斜めにしているだけで見えることがある。

背筋が丸まっている人も同様な気がします。




例2「シャカパチする時に見える場合」

これはどうしようもない…


ちなみに「シャカパチ」とは、自分が個人的に汚いハンドシャッフルを見下す表現です。

自分たちのやりやすい角度があるんでしょうね。

ついでに言いますが、落とさないでください

うるさいだけでも嫌なのに下手クソはもっと腹立ちます



例3「何かに反射して映っている場合」

かなり稀なケースですが、眼鏡サングラス店内の何かに反射して見えてしまうことがあります。


自分が体験したのは、

シャツに掛けていた黒いサングラスに手札が反射していて丸見えだった時です。

すぐにしまってもらいました。







ということで、手札が見えそうだったり見えている人がいたら声をかけてあげてください。

ルール違反になりますから。

ルール違反を分かっていて見逃していたら自分も《注意》《警告》の罰則が適用されることもありますよ。


おわりです。

ありがとうございました。



質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで



対戦動画等を投稿しているYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw

posted by ジャック at 21:00| Comment(0) | DMルール | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

第一回キュードラクイズ『誰がどれを抜いたでしょーか!?』

どうもジャックです。

さあ始まりました!第一回キュードラクイズ!!

今回は『誰がどれを抜いたでしょーか!?』



ルール説明
①今回動画で使用する予定のデッキ画像を見て下さい。

②そのデッキを構築する上で50枚の中から抜かれた10枚のカード画像を見て下さい。

③上記デッキ画像と対応する抜かれたカード画像の正しいペアを考えて下さい。

④Twitterのhttps://twitter.com/btsa99のダイレクトメッセージまで答えを送って下さい。







よーい、スタート



実際に使われたデッキ画像

デッキA【もじゃ・5文明】
もじゃデッキ.jpg

デッキB【えのーちか・ボル(バルザーク紫電ドラゴン)コン(トロール)】
えのーちかデッキ.jpg

デッキC【かっか・光水闇ガーディアン】
かっかデッキ.jpg

デッキD【どしんこ・自然闇水ワイルドベジーズアナカラー墓地ソ】
どしんこデッキ.jpg




デッキ候補50枚から抜かれたカード画像

カード群
ドラフト余り3.jpg

カード群
ドラフト余り4.jpg

カード群
ドラフト余り2.jpg

カード群
ドラフト余り1.jpg



さあ考えてみて下さい。



解答例
(Aは1、Bは2、Cは3、Dは4)

など分かるようにしてくれればなんでも






答えはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99のダイレクトメッセージで送って下さい。
答えは2018年10月2日くらいに同じくダイレクトメッセージで発表します。





ちなみに残り2個デッキがありますが今回はそれは抜きでデッキ4つ分でやってみましょうと言うことで。

このデッキを使って楽しく遊んでいる様子を動画にしてアップロードしているYouTubeチャンネルはコチラ↓
posted by ジャック at 01:19| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

「順序違いの連続行動」 -再編集-

どうもジャックです。
今回は競技イベント運営ルールの4.2順序違いの連続行動について書いておきます。





4.2順序違いの連続行動(抜粋)
完了後の結果が適正で明確な局面を現している場合には、技術的には正しくない順番であっても動作を一連として行うことは許容できる。






具体例として、
超次元ホワイトグリーン・ホール(以下ホワグリ)と勝利のプリンプリン(以下プリン)のプレイです。


ホワグリ.jpg勝利プリン.jpg


呪文の効果は全てテキストの”上から”解決していきます。そして置換効果でなければ呪文の効果が終わるまで”他の効果は割り込めません”。なので、


①ホワグリの効果でプリンを出します。
②ホワグリの効果で手札をシールドに加えてもよいです。
③ホワグリの効果でマナからカードを回収してもよいです。
④プリンの効果で相手のクリーチャーを1体を攻撃・ブロックできないようにします。


これがルールに従った正しい順序の連続行動です。






しかし、しばしば②の前に④を行う人がいます。
(だがシールドを増やしてから相手のクリーチャーを選ぼうとも、
マナを回収してから相手のクリーチャーを選ぼうとも結果は変わらないのである)






この例の様に順が入れ替わることによって、入れ替わらなかった場合と結果が変わらない為”正しくはないが許すこともある”というのが今回のテーマ「4.2順序違いの連続行動」です。






このことについて「正しくないのだからジャッジキルしろ!」とか言う人もいたり、、、頭が固すぎて相手にしたくないタイプですが
ここからは自分の意見に入ります。(主にCSや大型大会の話でいきます)






許されているが為に減らない”雑なプレイ”だと考えているので、相手にこういうプレイをされてしまった人には同情します。
常日頃から”正しいプレイ”をしている人なら特に気にしてしまうことでしょう。





もちろん正しくはないので、その大会のジャッジが理解のある人なら<警告>の1つ下の<注意>を出してもらいましょう。
というか出してもらえるでしょう。



<警告>はもらい続けるとゲームやマッチの敗北のペナルティとなるもので、<注意>は記録にも残らない本当にただの注意です。
そういう判断ができる者がフロアジャッジまたはヘッドジャッジにいなければ、そこのCSは諦めた方がいいと思います。
参加者が安心してプレイできるように努力することを怠っているのと同値だと自分は考えます。






とはいえ完全にはなくならないと自分も諦めているところはあります。
とりあえず気になった時に注意していかないと、ジャッジに<注意>を出してもらえるように話さないとしょうがないかな~といったところ。



それに対して、「あっちの卓では注意してたのにこっちでは注意してなかった。」とか騒ぐ人は気にしなくていいです。
そういう人の多くは口だけで、相手にするだけ面倒です。






前半のまとめは「許されるけど言われたら気にしようね」










ちなみにここから少し話が変わりまして、(これを最初に書いたときはTwitterでなんかあったんだと思います)



ジャッジはジャッジキルするための「殺し屋」ではない。



大会関係者全員が満足のいく大会にしていくための「協力者」であると思う。
(スタッフなのだから当然と言えば当然だが、「殺し屋」を改めるための表現として)
そもそも「ジャッジキル」なんてインテリジェンスに欠けた言葉は自分は嫌いである



”自分が満足できる大会内容にするために”

”自分が満足できるプレイ環境にしていくために”



(CSの地域毎の開催数とか詳しい事情は知らないけど)自分がそこのCSに参加し続ける理由があるならそこの運営側にアピールするべきだと強く思います。

それはSNSでグチるだけでなく直接運営側に話を通すこと、意見を伝えることです。




よくある「○○CSでこんなクソプレイヤー(ジャッジ)がいました!RTで広めましょう」とかそういう類のやつは悪いとは言わないけど。
(SNSで事実を共有することはいいことではあるがそれだけではいけないの意)


最後に正しくプレイしようとしている真面目なプレイヤーの皆様に一言、「諦めてはいけません」

正しくデュエマをしているだけです。
正しくしようとアピールを続ければ周りが気づいて協力者になるかもしれない。
正しくしようと思っているのはあなただけじゃないかもしれない。





自分は「どういう風なカードの扱いをする」「順序が、、、」とか言うカードゲームの中身以前の問題で不幸になりたくないです。

「もっとこうすれば勝てるようになる」「このカード入れた方がいい」とかそういう話で盛り上がりたいでしょ?





まあ長くなりましたが後半のまとめは「文句言うなら自分もそれなりに意味のある動きを見せよう」ということで。

では、失礼。




質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

キューブドラフトの対戦動画を上げているYouTubeチャンネル→https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw
posted by ジャック at 22:00| Comment(0) | DMルール | 更新情報をチェックする