2100年01月21日

キューブドラフトリスト更新(2018/9/16)

どうもジャックです。


このページは死ぬまでキューブドラフトのリストの更新をお知らせする記事になります。




コンセプトは「新旧より多くのカードが使える」「STで劇的な逆転」




なので普通に強いカードやST封じのカードは入っていません。

新参にはストレスに感じるカードパワーかもしれませんがそういうものとして作っているので。



ちなみにキューブドラフトとは用意したカードをプレイヤーが順番に選択していき、選択したカードの中から40枚をデッキにして戦うものです。



別に6人同時対戦ではなく、二人ずつ対戦して、対戦相手を変えたりして遊びます。





全330枚(55枚×6人)
光(53枚、メイン種族ガーディアン)
水(53枚、メイン種族リキッド・ピープル)
闇(53枚、メイン種族デスパペット)
火(53枚、メイン種族ヒューマノイド)
自然(53枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)
多色+無色(65枚)


全300枚(50枚×6人)

光(48枚、メイン種族ガーディアン)

水(48枚、メイン種族リキッド・ピープル)

闇(48枚、メイン種族ゴースト)

火(48枚、メイン種族ヒューマノイド)

自然(48枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)

多色+無色(60枚)



スペシャル枠(300枚中の60枚)



写真では確認しにくかったのでPDFとExcelで作り直しました。改善か改悪かはわかりません。



「PDF形式のカードリスト」







「Excel形式のカードリスト」


キューブドラフトの詳しいやり方などについては別の記事にしています。




これを使った動画投稿をしています。⇒https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw

(キュービック・デュエルマスターズch.)



では、失礼。

質問・意見などはTwitterの@btsa99まで



2018/5/7「微調整」
2018/6/4「DMRP06(ギャラクシー)追加」
2018/9/16「DMBD05・06(バルガ・ゼニス)追加」
posted by ジャック at 16:00| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

買うのは恥だが役に立つ~龍装鬼オブザ08号/終焉の開闢~

記事のタイトルにはまったく意味はありません。
語呂が良かったので使いました。




どうもジャックです。
今回は最近Twitterで見た、
「汎用カードを高レアにしたら集めるの大変だろ」
についてです。




具体的には「龍装鬼オブザ08号/終焉の開闢」とか「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」の高レア(ベリーレア以上)メチャ強い汎用カード、欲しいけどちょっと高くて買い揃えにくいな、うーんって話。
オブザ08号.jpg黒豆だんしゃく・白米男しゃく.jpg





「キング・ザ・スロットン7/7777777」とか「カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター」みたいにもっと強くて汎用と言うよりフィニッシュに使えるツインパクトカードはいいと思うんだけど。

例えば、
初心者がパック買って開けてSR出ました!オブザ08号です!(やったぁ)
デッキに入れて早速使ってみよう。

「終焉の開闢唱えます。墓地増やして一体回収します。」(相手ドギラゴン剣どーん、負けました……)

「オブザ08号召喚。1体破壊します。」(相手次のクリーチャ―出そう、うん……)

って大げさにネガティブな想像をするとこうなるんだけど、
せっかくのSRのありがたみが無くない?って思ってしまって。




オブザ08号はスロットンやクーガに比べて1枚でゲームを決められるようなカードじゃなく、2~4枚欲しい汎用カードです。
オブザ08号にはゲームを終わらせる、またはそれに近い決定力が無い。

(もっと何もできないカードも多いが)





初心者じゃなくても墓地利用するデッキならローリングストーム、プライマルスクリームの呪文入れてた枠が全て入れ代わるし
4入れておきたいくらいなカードだと思う。
それで約2000円×4枚ですって。
ジョーカーズみたいにジョーカーズでしか使えないカードではないし、オブザはマフィ・ギャングだけどマフィ・ギャング以外にもいろんなデッキに入れてデッキを強くしてくれるカードだし。


これでいろんな苦手なとクリーチャー破壊することができると思ったらこんなに高くなるかってね。
軽いコストでプチョヘンザとか、9マナだからミラダンテⅫの制限越えて破壊しに行けるのとかすごい魅力的なのに。


オブザを4枚揃えられない低所得(自分)は墓地利用するデッキを作っても1段階下の同型デッキしか作れなくて残念ですねって愚痴なんですけど


黒豆だんしゃく/白米男しゃくだってVRだったからまだましだけど、マナ加速して、マナ回収して強いカードで4枚必須とは言わないけど複数枚必要なカード使う人は揃えるの大変だよね。

ちなみに自分は一挙両得マクノカ&ヌクノカをエグザイルデッキで使っているのでこちらは問題ありません。



質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで
posted by ジャック at 20:00| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

8月27日、小・中学生限定イベント報告書

どうもジャックです。
今回は先週開催したジャック主催デュエルマスターズ小・中学生限定大会の報告です。


まず報告書
ガンスリ報告書.png

次に店舗用A4サイズポスター
小学生大会ガンスリ用ポスター.png

最後に対戦結果(プレイヤー視点)
ガンスリ結果決定版(匿名).png




ガンスリンガーってメジャーではないものをなんでやるかっていうと、
初心者がデュエマしに来たのにトーナメントですぐ負けて終わりになっちゃったり、
知らない(初心者から見たら)コワい年上を相手にするのがキツイなと思ってるからなんだよね。


実際、今回は参加人数が多くて初心者に対してずーっと特別丁寧に対応できた自信はないけど。



自分達のイベントを通じて「デュエマ楽しい」って思ってこれからも続けてくれたらいいなと思っています。






福袋の中身は、

公認大会優勝の小さいデッキケース
スリーブ40枚
カード(ちゃんとアタリも入っている)

と、初心者に必要な物を揃えています。
(今度から中学生がいたらカードの福袋優先で渡さないとな#jメモ)



あと、年齢確認ができていないのでなんと高校生でも参加可能だったりするかもしれない。

中学生も三連勝じゃなく二連勝で福袋渡しちゃってたしね。








報告終わりです。次回開催はいつになるかわかりません。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

続きを読む
posted by ジャック at 19:00| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

同じデッキしか使わねえ、ネットを使う猿

どうもジャックです。

質問箱より(要約)
『みんな同じデッキ使っててなにが面白いんですか?』

『最近のデュエマプレイヤーにはどんな傾向がありますか?』
と言う質問が寄せられていたので、ひさしぶりにブログを更新することになりました。
この類の話はSNS上で定期的に行われている気がするので、ありきたりな内容の意見になるかもしれないが、少なくとも質問者には最後まで読んで欲しいと思います。


(非プレイヤーとして)と内(プレイヤーとして)の二つの視点でまとめてみようと思います。







同じデッキ使ってて楽しいのか

 (外から見たジャック)
新DM(DMPR-01・ジョーカーズ参上)から

最新または直近のパックで同じ種族、文明を集めたら自動的にいいデッキになってそこそこ戦える

みたいな方針でパックとかカードを作ってるみたいだから

簡単に面白い」
「新しく始めやすい

は達成されてるような気がする。





毎弾、パッケージ(パックの表紙)になってるカードの種族を推してるから、どのパックを買えばいいか分かりやすいのもいいと思う。
というか自動的にそうなってくる。




実際のゲームの中では、
使ってる側に悪意はなくて、デッキ選択の第一目的が違うだけ

勝つのが第一目的の人もいれば、

偶然その強いデッキのメインカードが好きで使いたいって第一目的の人もいるから。

もしかしたら自分みたいに、強いデッキじゃ相手にならないから同じ強さのデッキを用意してる人もいるかもしれない。






 (内から見たジャック)
具体的に『同じデッキばかりだな』って感じたことがあるのは二期前の殿堂レギュレーション。
ヤッタレマン、ニヤリーゲット、パーリ騎士…(以下略)には「飽きた」の一言しかなかったね。



ジョーカーズ自体が新DM以降の種族・デッキだからカードプールが狭い事もあってデッキがみんな同じに見えることが多いのは仕方がないけど、それにしても多いと感じた。






その中でモルネク、ジャックループの時になかった『差』をジョーカーズは自分に感じさせてくれた。

(ジョーカーズを例に出したのは話しやすかったからで、個人的にファイナル革命三兄弟に比べてジョーカーズの方が気になっているから。比較対象にモルネク、ジャックループを出したのは印象に残っていたから。)




ジョーカーズのデッキを作る時、まずモルネクに比べてお金がかからない

店舗大会くらいなら妥協できるカードが多いのと再録の多さ、封入率の高さ。(キツかったカードなんてガヨウ神くらいなものだろうが実際のところは自分は知らない)

これが多くの人がジョーカーズを使う理由の一部であることは間違いない。





ゲーム上では、モルネクやベイBジャックになかった能力をジョーカーズはほぼ全て持っている。
ドロー
ブースト
速攻
大型
盤面制圧
横並び
ワンショット
召喚ロック
ループ
何をしても付け入る隙がない程安定した基盤を持ち、それでいて速い。
ほぼ何でもできるような気がする。(できないことは手札破壊くらいだろう)




やれることが多いからデッキを使いこなすのが難しい(?)と思いきやだ。
余分だと思ったら上記から要素を省いて、特化することができる。



これが初出から通常エキスパンション7セット(+その他)のカードプールなのか目を疑う。


デッキを使いこなすのはある程度までなら簡単なわけだ。ループを覚える必要も、攻撃のタイミングを見計らう必要もないのだ。


そんなのと毎週、何ゲーム、何十ゲーム続ける内に「やる意味あるのかな?」「飽きてきたな」って思うことはあったよ。







最近のデュエマプレイヤーの傾向

(外から見たジャック)
ブログ、Twitter、その他に加えどんどん新しい情報共有の方法が増えてきた。
YouTubeもその一つとして確立された。


☆チャンネル、△project、○工房、その他
トーナメントプレイヤー向け、カジュアルプレイヤー向け あらゆる層に対しての動画がアップされている。
(自分達もその中の1つであるが…)



そのなかで使われたカード、優勝して紹介されたカードが知れわたる。
その情報がすぐに拡散され、すぐに高騰することになる。
情報交換が楽になったからおこることである。





悪く言えば、
「自分でカードの組み合わせを
考えることができなくなった、
考える時間がなくなった、
考える人がいなくなった

こういうのが増えたと思っている。



情報が流れて来るのが先になってしまって、自分で考える暇もなくベターな組み合わせを知り、使い、勝つ。
そんなサイクルがあるのを感じる。





 (内から見たジャック)
上に追加して、
自分はデュエルマスターズをプレイする時、相手のデッキには「相手の意思」を感じたいと思っている。

例えばそれがゲーム上有効な組み合わせじゃなくても、そこに対戦相手自身のデッキに対する試行錯誤や考え(これを意思と言っている)が感じられるなら、
その時点で自分はその対戦相手を尊敬することができるし、もっといい組み合わせを見つけるために頑張って欲しいと思える


大会のプレイ中ならラフな会話はなく、プレイも極められてきて特に差はない。

そんな中、カードの扱いやデッキの内容でしか「相手の意思」を感じられないのだとするならば、その2つには最高のものを要求したい……というのは個人的な意見だ。



ヤッタレ2.jpgなげーよ。
最後まで読んでくれた人、スクロールしてくれただけの人でもありがとう。

例として挙げたが、途中からジョーカーズへの文句に感じられたかもしれないのは許してほしい。それでも自分はジョーカーズを嫌いなわけではない。むしろ使っている(メラビートを)。
続きを読む
posted by ジャック at 20:33| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

デュエマの使用宣言の説明やつ

どうもジャックです。
今回は最近総合ゲームルールでも明文化された「使用宣言」についてです。


今回紹介するのは「龍装者バルチュリス」「無月の門」の2つです。
バルチュリス.jpgデスザーク卍.jpg

バルチュリス無月の門の能力は呼んだ通りなのだが「宣言」など一言も書いていない。

「宣言」とは「手札(または墓地)にあるのを相手に見せて、これから使いますと言うこと」だ。




これをしないことには「ほんとに手札にあったのか、墓地にあったのか」が分からなくなってしまうことがあります。




ケース1(バルチュリス基本)
このターン二回目の攻撃をプラチナワルスラS(以下ワルスラ)でする時に手札にあるバルチュリス「宣言」し忘れた。

ワルスラの能力でドローした後に「あっ、、、バルチュリス使っていいですか?」

「無理です。だって今のドローで引いたかもしれないじゃないですか。




そうバルチュリスは攻撃する時の能力であり、ワルスラが攻撃する時に「宣言」が必要です。




ワルスラのドローで手札に加えたバルチュリスワルスラが攻撃する時には手札に無かったので「宣言」することができないのは分かると思いますが、
ドローしたバルチュリスと、元々バルチュリスが手札にあった場合に区別がつけられないので先に「宣言」しないといけないのです。





ケース2(バルチュリス応用)
バルチュリス「宣言」した攻撃シールドをブレイクした。

「シールドトリガー、ゴーストタッチで手札破壊します。これで。」(バルチュリスが捨てられる)

「じゃあ手札からバルチュリスを出します。攻撃、革命チェンジドギラゴ…」

「ちょちょちょ、できませんよ。だって捨てたのとどっちが『宣言』してたバルチュリスか分からないじゃないですか。




たとえそれが本当に「宣言」していたバルチュリスだったとしても、出せないのです。

じゃあどうすればいいのか教えます。




手札にあるバルチュリスを全部宣言してください。




そうしたら、一枚捨てられても二枚以上あったことを「宣言」しているのでバルチュリスを出すことができます。




二枚以上「宣言」した時に、じゃあ全部出すことができるのかと言ったらできないです。



総合ゲームルールにバトルゾーンへの移動は同時ではないと書いてあるからです。



一枚目のバルチュリスを出した時に、二枚目以降のバルチュリスの「バルチュリスを出していなければ」に引っかかってしまうからです。





ケース3(無月の門基本)
二ターン目にドゥグラス召喚、三ターン目にグリギャン召喚。墓地に魔道具二枚と卍デ・スザーク卍が置かれる。

「やったあ。じゃあ墓地から無月の門発動で。」

「無理無理無理。あ、えーっとグリギャンを出した時に墓地に無いと無月の門使えないんですよ~。」(手札からなら大丈夫だけど)





魔道具が出た時に手札か墓地にあれば使える能力だからこういうことはできないんだね。

こういう時はいいんだけど、墓地が増えた後だとホントに墓地にあったかどうか分からなくなったりしてよくない。

疑われないように「宣言」するよう。



ナンバリングしたもののこれだけなんだけどね。

























この小学生や初心者、上級者でもつい忘れてしまいそうなこの「宣言」ジャックは好きじゃないって話。

デュエマは分かりやすいけどカードの種類や組み合わせの自由度で、単純すぎない面白さがいいのに、と思ったのね。

真意は伝わらなかったのかもしれないけど。

ジャックはいつでもみんなのルール理解の協力者でいますから。





では、失礼。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

posted by ジャック at 10:00| Comment(0) | DMルール | 更新情報をチェックする