2019年06月26日

ジャックのガチャメカワンダフォー



ガチャメカワンダフォー.png

ジョーのデッキ、52枚♪♪

多くのDMプレイヤーの耳に残る歌、新ゾーン超GRゾーンとともに発売された構築済みデッキジョーのガチャメカワンダフォー


早くもプレイヤーたちに受け入れられた新ギミックGR召喚を俺も使いたくなった。

俺のデッキも52枚♪♪










そこでこの構築済みデッキを改造して作ったのが今回紹介するデッキジャックのガチャメカワンダフォー
ジャックのガチャメカ.jpg

もはや改造しすぎていろいろおかしいが気にしないでほしい





現状GR召喚できるジョーカーズは無色にはいない。
つまりGR召喚する上で無色ジョーカーズを使いすぎると、マナに置く関係で火・自然文明のジョーカーズが使いにくい。

よって従来のジョーカーズデッキのように【ヤッタレマン】を採用することなく、構築済みデッキ通りタイクタイソンズとそれを手札に加えられる可能性のあるガガガンジョーカーズを最初の動きとすることにした。

ボーボボボーボ坊を不採用としたのは「マナを増やせない」という理由だ。

のデッキは5マナからもう一段階上の強いカードを使っていけるため、2マナからジョーカーズチェンジすることよりも「マナを増やす」ことを優先した。
タイクタイソンズ.jpgガガガンジョーカーズ.jpg








三ターン目にタイクタイソンズで攻撃することでGR召喚できるクリーチャーにジョーカーズチェンジできる。
怒ピッチャコーチガチャダマンウォッシャ幾三のどれかに入れ替わり、マナを増やしつつGR召喚を狙う。

シックスピストルズを採用しないのはだんだんGRクリーチャーが増えてきて選ばなくとも強いGRクリーチャーが出てくるようになったからだ。
怒ピッチャコーチ.jpgガチャダマン.jpgウォッシャ幾三.jpg


タイクタイソンズが出せなかった場合は超GRチャージャーで次のターンに5マナ使えるようにする。
超GRチャージャー.jpg









5マナになればこのデッキの中心グレープダール


このデッキのクリーチャーは6マナ以下でそろえていてどちらも互いに対応している。
グレープダールのジョーカーズチェンジでエモGに入れ替わりGR召喚からスピードアタッカーになったGRクリーチャーでさらに攻撃をしていくことができる。
ジョーカーズチェンジでムシ無視のんのんに入れ替わればすぐに「バトルに勝った時」の能力が使え、手札から更なるグレープダールでの展開や【ヘルコプ太】でのドローが期待できる
グレープダール.jpgエモG.jpgムシ無視のんのん+灰になるほどヒート.jpgヘルコプタ.jpg








Sトリガーとしてはマンオブすてーる行燈どろんを採用しているがどちらにするかは周りを見て判断といったところだ。

自分の感覚としてはパワーが10,000より大きいようなクリーチャーにはこのデッキは対応していないためパワーが関係なくマナに送れるマンオブすてーるが優先になりそうだ。
マンオブすてーる.jpg行燈どろん.jpg




超GRゾーンのカードはこれら
ヤッタレロボ.jpg
うん

ジョラゴンGS.jpg
マッハファイターを付けたときに強いから採用

富士山ックス.jpg
偶然2体出た場合に強いから採用

ダンガスティックB.jpg
マナもバトルゾーンも増えやすいため簡単なWブレイカーとして採用


ダテンクウェールB.jpg
無条件Wブレイカーとして採用


ジョラゴンガンマスター.jpg
除去のオマケつきなので採用
ヘルコプ太で増えすぎた手札もこれで消費できる強い






デッキとしては改造の余地あり。


このままジョーカーズでも【ジョットガンジョラゴン】や何かを使わない明確な理由のあるデッキを求めていきたい。



スタートデッキ改造シリーズ第一弾、以上!!!




次回

『ジャックのWAVEガチャパラダイス

お楽しみに
posted by ジャック at 21:00| Comment(0) | DMデッキ | 更新情報をチェックする