2017年02月21日

デュエにゃん皇帝(自分流)

どうもジャックです。今回はデュエにゃん皇帝デッキの自分の中での完成形になったので紹介です。

(このデッキの最初の記事はこちら

にゃんこリスト.jpg
採用理由などと紹介。
「2マナ」
オタカラアッタカラ4
ステニャンコ4

2マナはオタカラ確定の上で「ボンスラー」か「ステニャンコ」の二択でした。最速でコンボを狙うときとそうでないときで全体の勝率が後者の方がよかったのでステニャンコ採用でした。
また、2マナが8枚を超えるとデッキ全体のパワーが落ちるのでこの2種類にしました。



「3マナ」
ローリングストーム4
ボンバクタイガ2
ドクロベーヤン2

ベーヤンは回収が強制なのでにゃんこの下に仕込みたいカードを回収してしまう場合がありました。トップギア系クリーチャーやオリオティス、ジョバンニを除去できるボンバクタイガも採用したかったので2枚ずつになりました。



「4マナ」
タイガニトロ3
プライマルスクリーム2

タイガニトロはゲーム中に一回プレイできれば十分であるため、プライマルスクリームはローリングストームなどで代用でき、デッキ内の呪文をなるべく減らすために枚数を絞りました。



「5マナ」
デュエにゃん皇帝4
ニンジャリバン3
共倒れの刃2
インフェルノサイン1

ニンジャリバンはループするときには必須ですがビートダウンするときには必要性が下がることから3枚にしました。「共倒れの刃」は「デッドリーラブ」と違い自分のクリーチャーがいなくても発動可能で、自分のターンでも相手のターンでも使えることから2枚採用しました。
STが魔狼月下城でないのはマナ武装がないと弱いのと、このデッキでの役割が共倒れの刃に負けているからです。


「6マナ」
ウルボロフ4
復活と激突の呪印3
ゲンセトライセ2

「呪印」は「共倒れの刃」と同じ役割を持ちつつリアニメイトが可能なこのデッキで1番のパワーカードです。毎ゲーム使うわけではないですが呪印は確実に強いカードなので入れています。

呪印を入れるために、「オタカラ(2マナ)」と「ローリングストーム(3)」と「プライマルスクリーム(4)」、「サイン(5)」と「呪印(6)」、「共倒れの刃(5)」と「呪印(6)」、「タイガニトロ(4マナのマナ武装5)」の様にマナにタップインしても各ターンの動きに代用の利くカードを1マナずらしてバランスよく入れています。



ということでジャック流デュエにゃん皇帝デッキでした。このデッキを使っている途中からお店の子が真似してデッキを組んできたり、デッキ見て下さいって持ってきたりしてなんか嬉しかったです。
もともと「ヘルボロフ」に負けないくらい強いはずの「ウルボロフ」をみんなに知ってもらうために使っていたのでデュエにゃん皇帝のお陰だとはいえほんとによかったです。
では、失礼。
posted by ジャック at 14:47| Comment(0) | DMデッキ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください