2100年01月21日

キューブドラフトリスト更新(2018/9/16)

どうもジャックです。


このページは死ぬまでキューブドラフトのリストの更新をお知らせする記事になります。




コンセプトは「新旧より多くのカードが使える」「STで劇的な逆転」




なので普通に強いカードやST封じのカードは入っていません。

新参にはストレスに感じるカードパワーかもしれませんがそういうものとして作っているので。



ちなみにキューブドラフトとは用意したカードをプレイヤーが順番に選択していき、選択したカードの中から40枚をデッキにして戦うものです。



別に6人同時対戦ではなく、二人ずつ対戦して、対戦相手を変えたりして遊びます。





全330枚(55枚×6人)
光(53枚、メイン種族ガーディアン)
水(53枚、メイン種族リキッド・ピープル)
闇(53枚、メイン種族デスパペット)
火(53枚、メイン種族ヒューマノイド)
自然(53枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)
多色+無色(65枚)


全300枚(50枚×6人)

光(48枚、メイン種族ガーディアン)

水(48枚、メイン種族リキッド・ピープル)

闇(48枚、メイン種族ゴースト)

火(48枚、メイン種族ヒューマノイド)

自然(48枚、メイン種族ワイルド・ベジーズ)

多色+無色(60枚)



スペシャル枠(300枚中の60枚)



写真では確認しにくかったのでPDFとExcelで作り直しました。改善か改悪かはわかりません。



「PDF形式のカードリスト」







「Excel形式のカードリスト」


キューブドラフトの詳しいやり方などについては別の記事にしています。




これを使った動画投稿をしています。⇒https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw

(キュービック・デュエルマスターズch.)



では、失礼。

質問・意見などはTwitterの@btsa99まで



2018/5/7「微調整」
2018/6/4「DMRP06(ギャラクシー)追加」
2018/9/16「DMBD05・06(バルガ・ゼニス)追加」
posted by ジャック at 16:00| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

第一回キュードラクイズ『誰がどれを抜いたでしょーか!?』

どうもジャックです。

さあ始まりました!第一回キュードラクイズ!!

今回は『誰がどれを抜いたでしょーか!?』



ルール説明
①今回動画で使用する予定のデッキ画像を見て下さい。

②そのデッキを構築する上で50枚の中から抜かれた10枚のカード画像を見て下さい。

③上記デッキ画像と対応する抜かれたカード画像の正しいペアを考えて下さい。

④Twitterのhttps://twitter.com/btsa99のダイレクトメッセージまで答えを送って下さい。







よーい、スタート



実際に使われたデッキ画像

デッキA【もじゃ・5文明】
もじゃデッキ.jpg

デッキB【えのーちか・ボル(バルザーク紫電ドラゴン)コン(トロール)】
えのーちかデッキ.jpg

デッキC【かっか・光水闇ガーディアン】
かっかデッキ.jpg

デッキD【どしんこ・自然闇水ワイルドベジーズアナカラー墓地ソ】
どしんこデッキ.jpg




デッキ候補50枚から抜かれたカード画像

カード群
ドラフト余り3.jpg

カード群
ドラフト余り4.jpg

カード群
ドラフト余り2.jpg

カード群
ドラフト余り1.jpg



さあ考えてみて下さい。



解答例
(Aは1、Bは2、Cは3、Dは4)

など分かるようにしてくれればなんでも






答えはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99のダイレクトメッセージで送って下さい。
答えは2018年10月2日くらいに同じくダイレクトメッセージで発表します。





ちなみに残り2個デッキがありますが今回はそれは抜きでデッキ4つ分でやってみましょうと言うことで。

このデッキを使って楽しく遊んでいる様子を動画にしてアップロードしているYouTubeチャンネルはコチラ↓
posted by ジャック at 01:19| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

キューブドラフトのやり方(訂正しました)

どうもジャックです。
今回はキューブドラフトのやり方についてです。

調べればいろいろ出てくると思いますが、自分がやっているやり方を説明します。




①キューブは全部で330枚(各色53枚+多色無色65枚)です。
6人用なので1人55枚ピックして、その中から15枚抜いて、40枚のデッキにできる枚数にしてあります。


自分で作るとき、枚数はN人用のN×40より少し多くするといいです。
カードを選ぶときに少し心の余裕ができます。




②カードを順番にピックしていきます。
11枚の束を1人5個作って、その中の一つを手に取ります。


最初の11枚から使いたいカードを1枚ピックして、隣のプレイヤーに束の残りを渡します。
反対の隣のプレイヤーから渡された束から使いたいカードを1枚ピックして、、、
という風に束がなくなるまで続けます。


2番目の束を渡すときは反時計回り、3番目の束を渡すときは時計回りにと交互にしていきます。


束を作るときにキューブ全体から「特別枠」を3060枚選んでいます。
これは「デッキの基準になるカード」や「単純なフィニッシャー」がすべての束に分けられるようにするためのものです。
作る11枚の束は109枚+「特別枠」12枚という風にしています。




③55枚から15枚抜いてデッキを作ります。
ピックした55枚からピックした数が少なかった文明や全体と相性のあまりよくないカードを15枚抜きます。


で、残りの40枚をデッキとして対戦していって下さい。

とりあえず簡単に説明してみました。今日はこれだけです。




おまけ「特別枠」
特別枠.jpg
紫電、ロマノフなどのフィニッシャー。
ナイト、ゴッド、種族進化、サバイバーなどの基準カード。



では、失礼。
質問・意見などはTwitterの@btsa99まで
posted by ジャック at 10:00| Comment(0) | キューブドラフト | 更新情報をチェックする