2018年02月18日

フェアリー・ライフについて語る

どうもジャックです。

Twitterの質問箱に「フェアリー・ライフについて熱く語って下さい!」というのを頂いたので、

今回はフェアリー・ライフについて語ります。



しかしこのジャック、フェアリー・ライフをあまり使わないのである。



使いもしないカードについて語ることはできないので、記事を書くことになってからフェアリー・ライフの入っているデッキを探し出して使うことにしました。




フェアリー・ライフを使うデッキ①「三元神」
http://jackdm.seesaa.net/article/430825610.html

フェアリー・ライフを使うデッキ②「シューゲイザー」
http://jackdm.seesaa.net/article/456887570.html




2マナから次のターンに4マナ使える単純明快・シンプルな強さがありました。


今日のデュエルマスターズで忘れられがちな、「1マナの重さ」を教えてくれたのはこのカードであることは確かです。


デュエル・マスターズが始まってからずっと愛されているこのカード、これからも多くのプレイヤーから大切にされていくと思います。




ちなみに再録やプロモが多く30~40種類ありますが、一番好きなのはDMD-07(変形デッキセット鬼ドラゴン)のフェアリーライフです。

フェアリーライフ2.jpg

これは帽子の色が上下逆です。お手元のフェアリー・ライフは帽子の上が青、下が赤になっていると思います。

しかしこのDMD-07では上が赤、下が青です。これはかの有名な初期プロモライフと同じカラーリングなのです。

ちょっと色違いで、プロモより遥かに安いこのバージョンが一番好きです。




他にも小学生の時などによく使っていたと思われるこのバージョン。
フェアリーライフ3.jpg



持ってはいないですが初期デュエマメンバーのこのバージョン。
フェアリーライフ.jpg





「熱く」なっていたかどうかもわかりませんが、語ることがなくなりました。

終わります。ご静聴ありがとうございました。


では、失礼。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw

posted by ジャック at 10:00| Comment(0) | DMカード | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

JK(ジャンケン)デッキ紹介

どうもジャックです。

今回は自分の中で特にお気に入りのジャンケンデッキの紹介です。


今回もガチデッキではなくいわゆるファンデッキですので、強くないことを先にお伝えしておきます。






2008年、DM-28戦国編(バトル・ギャラクシー)第一弾発売。

JK(ジャンケン)を冠するカードたちが戦国時代に姿を現しました。

サムライとナイト、紫電とロマノフ。有名なカードたちが活躍したこの時代に彼らは生まれました。

JKボッコグー.jpg
タップ能力で(ジャンケンに勝てば)敵一体を-3000。
JKチョッキー.jpg
バトル時に(ジャンケンに勝てば)P7000になる。
JKパーネイチャー.jpg
攻撃時に(ジャンケンに勝てば)5000以下の敵一体をマナに送る。






そして、戦国編第二弾・戦国英雄伝(ロックオン・ヒーローズ)発売。

さらなるJKの印を持つカードたちが登場。

シノビがデュエルマスターズの世界を変えたこの時代に彼らは生まれました。

JKグーデリアン.jpg
出た時(ジャンケンに勝てば)5以下の味方を蘇生する。
JKチョキパン.jpg
出た時(ジャンケンに勝てば)SAになる。
JKベンケイ.jpg
クロスした味方が攻撃時(ジャンケンに勝てば)マナからサムライをタダで出す。






しかし、彼らは活躍しなかったのです。



「JK」という唯一無二の名前と効果を持っているのに、活躍できなかった彼らを自分は輝かせてみたかった。


戦国編から10年経った今、彼らを輝かせることのできる相性のいいカードがあるはずだと考え、自分はこのデッキを作りました。


それがこちら、
HpNnZFKp.jpg


このデッキの名前は「JKシューゲイザー」






シューゲイザー.jpgサーキッド.jpg

JKクリーチャーをどれでも手札かマナから出すことのできる能力をもつ神聖麒シューゲイザーと、自分のクリーチャーすべてにSAを与えるチキチキ・JET・サーキットを使うことにしました。


ストレートに言うと、これらのカードを使ってすぐに攻撃していくだけなので説明することは特にないんですよね。


STと文明の数を不足しないように他のカードは選びました。






これらすべてに共通する「相手がジャンケンで○○を出した時」で始まる効果があります。これらの効果は全てのジャンケンで適用されます。

例えば、チョキパンの出た時効果でジャンケンをした時に相手がチョキを出したら、先に出してあったパーネイチャーのマナを増やす効果が発動します。


闇(名前にグー)はパーを、火(名前にチョキ)はグーを、自然(名前にパー)はチョキを出されたら効果を発動するようになっています。


つまり、バトルゾーンに闇・火・自然が揃うほど、相手が何を出しても効果が発動するようになっていくという仕組みです。



さらにデュエルマスターズのルールでは、「ジャンケンは勝負がつくまで続ける」のであいこになってやり直した分も全ての「相手がジャンケンで○○を出した時」効果を使うことができます。





これは実際にプレイしているところを見てもらった方が分かると思うので、動画のURLを貼っておくことにします。(他のチャンネルの動画ですが)
https://www.youtube.com/watch?v=QHcsIjhdH-A

https://www.youtube.com/watch?v=V_LcxTKK4Oc




彼らを輝かせることができているか自分にはわかりませんが、対戦相手に楽しんでもらっているようなのでいいのかなと思います。





ちなみに
JKシャバダバ.jpgJKバクチ.jpg
これらの不採用理由は、一枚の効果でジャンケンをたくさんするのが目的ではないのと、単純にデメリットが大きすぎるからです。




ジャンケンに勝ててもデュエマで勝てないんですけどね!


では、失礼。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw
posted by ジャック at 13:00| Comment(0) | DMデッキ | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

火文明ジョーカーズデッキ紹介

どうもジャックです。
今回は自分が使っている火文明ジョーカーズデッキの紹介です。




「ジョーカーズ」と言ってもいろいろなカードをメインにしたデッキタイプが存在します。

ダンガンオー、ジョリー・ザ・ジョニー、ワッショイ万太郎、消王ケシカス、t光(ホーリー・メメント)、メラビート…




今日はそんなジョーカーズの中でもハロウェーイを使ったジョーカーズを紹介します。


注意:このデッキはガチではありません。面白さと安さに重きを置いているデッキです。


DSC_0141.JPG

ジョジョジョ・ジョーカーズ×4枚
メラメラ・ジョーカーズ×4枚
ヤッタレマン×4枚
カメライフ×4枚
チョートッQ×4枚
ヘルコプ太×3枚
消王ケシカス×1枚
目玉坊ちゃんズ×1枚
ハロウェーイ×4枚
ジバボン3兄弟×4枚
SMAPON×3枚



ハロウェーイ.jpg

デッキのコンセプト。
デッキの一番上を墓地に置き、5以下クリーチャーならハロウェーイを墓地に置き、そのクリーチャーを墓地から出す。
5以下クリーチャーじゃなければ、ハロウェーイはパワー10000のWブレイカーのSAになる。


このためデッキ内の5以下クリーチャーは最低限にしています。
これが他のジョーカーズデッキと明らかに違う点です。


チョートッQだったとしてもパワー8000のWブレイカーのSAで、JOEではないので場に残る「アタリ」になります。
6マナでJOE2なので、ヤッタレマンから3ターン目にWブレイクしていけます。


ヤッタレマンがもし破壊されなければ次のターンにはチョートッQかハロウェーイ、ヤッタレマンが破壊されたとしてもハロウェーイが4ターン目にWブレイクしていけます。
最速で4ターン勝利となります。





最初の動き
ジョジョジョ.jpgメラメラ.jpgヤッタレ.jpg

ヤッタレマンを2ターン目に出すことができるように、1マナでヤッタレマンを引きにいけるカード(ジョジョジョ・メラメラ)を4×2にしています。

全体のデッキパワーを落としていますが、2ターン目にヤッタレマンを召喚することが3ターン目のハロウェーイにつながるのでこうしています。





その後の動き
チョートッキュー.jpgハロウェーイ.jpgカメラ.jpg

Wブレイカーで走りだしたり、都合が悪いクリーチャーがいればカメライフで除去します。


このデッキには走るしかプランはないので、STを踏まないようにお祈りして勢いで行きましょう。





ST
ジバボン.pngバイナラドア.jpg

この二つは長引いた時に手札から使うのにも優秀です。

バイナラドアは闇文明に対する破壊以外の除去です。

ジバボンはP6000以下とP12000以下の2体破壊できる呪文です。
一部を除くグランセクトまで範囲に入っています。





総じて使いやすい、フリー対戦用のデッキです。

「腐っても鯛」ならぬ「腐ってもジョーカーズ」なので最低限の強さを保っています。



Let's ウェーイ!ウェーイ!!ウェーイ!!!

楽しいハロウェーイライフを。


では、失礼。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw
posted by ジャック at 10:00| Comment(0) | DMデッキ | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

プレミアム殿堂入りのジャック的メモ(施行日3/1分)

どうもジャックです。

今回は前回の続きで、3/1から施行される新プレミアム殿堂入りの個人的な感想です。



プレ殿.jpg

まず普通のプレミアム殿堂入り


「ベイB・ジャック」
言わずと知れたみんな「ジャック死ね・消えろ。」まあ使ってる人はどうだか知らないけど。


入っていたデッキは主に
・光自然メタリカ
・ゲイルヴェスパー
・ズンドコピエロ
・ステージュラ
・旧殿堂下での自然単ループ全般
その他ループ・ビート問わず多くのクリーチャーコントロール系デッキ



誰もが選んだ、殿堂入りですら許されない一発プレミアム殿堂入りカード。

なんか当たり前すぎて何も言うことがないです。

強いて言うとしたら「一度も使うことなくプレ殿しちゃった。」




コンビ.jpg

次はプレミアム殿堂超次元コンビ

「爆熱剣バトライ刃」「超戦龍覇モルトNEXT」
「モルネク」というデッキ最強のサブウエポン「バトライ」もはやハートバーンとツートップ。


入っていたデッキは主に
・モルネク



個人的には入ると思っていたカードたち。

ただし「コンビ殿堂」否定派なので「バトライ」のみプレミアム殿堂、または「モルトNEXT」の殿堂のどちらかだと思っていました。

ハートバーンがメインだった「剛」のモルトNEXTにバトライ閣という「柔」が備わり、長い間環境と共に生きてきました。

個人的に本当に「コンビ殿堂」というシステムは好きではないのですが、デッキタイプ「モルネク」を潰さないで「バトライ刃」の価値も守った平和的な選択だったのかもしれません。






とにかく決まったものは変わらないので、これからの「新しいデュエルマスターズ」を楽しんでいきましょう。


ちなみに自分でロージア・ジャスティス・ドギラゴン剣・モルネク・ジャック系のデッキは組んだことなくて、借りてみたりしてただけなので「エアプ」「知ったかぶり」「偏見」です。

では、失礼。

質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw
posted by ジャック at 20:00| Comment(0) | DMルール | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

殿堂入りのジャック的メモ(施行日3/1分)

どうもジャックです。

今回は3/1から施行される新殿堂レギュレーションについて個人的な感想を書きます。(解除についてはなしです。)


「選ばれると思っていなかった」が多いのですが、そもそも必要最低限の枚数に抑えて欲しいという願いが自分の中にあったからです。

決して強いと思っていなかったわけではありません。



殿堂.jpg
まず殿堂入り7種。


「裏切りの魔狼月下城」
多色マナ武装により最大3枚の手札を捨てさせる軽量手札破壊カード。

入っていたデッキは主に
・光水闇ロージアミラダンテ
・3文明以上のドギラゴン剣
・5文明デッキ



個人的には入るとは思っていなかったカード。入るデッキが限られていることと、他に選ばれる可能性のあるカードが多かったからです。

軽量の手札破壊としてスケルトンバイスに、直近ではブラックサイコにも劣らないようなカードデザイン。

革命ファイナルから続く強い多色カードの環境デッキへの採用率から、かなり使いやすかったと思います。






「龍素知新」
墓地から7以下の呪文を使い、デッキに戻すカード。

入っていたデッキは主に
・ジャスティスループ
・闇水の場合のサソリムカデループ



個人的にも入ると思ったカード。殿堂入り後の環境に出てくる可能性が大いにあるループデッキの核であったからです。

インフェルノサインなどでわかるように「7」は強さの一定の基準であることは明確です。

使った呪文がデッキの下に戻ることと、「龍素知新」で「龍素知新」・「目的不明の作戦」を使えることの2点がループに貢献していました。






「超次元ガロウズ・ホール」
自他問わず選んだクリーチャーを手札に戻し、幅広いサイキッククリーチャーを出すカード。

入っていたデッキは主に
・火闇水ドギラゴン剣
・水闇(光)ハンデス超次元
・水自然デュエランド
・悠久チェンジ



個人的には入るとは思っていなかったカード。十分殿堂入りしておかしくない強さですが、組み合わせて使われるサイバーダイスベガスがプロモになり、その数万とする価値を落とさないようにすると考えていたからです。

前述の通りサイバーダイスベガスの登場により、この呪文の手札に戻し、ブラックガンヴィートで破壊、勝利のプリンプリンで足止め、その他後半の攻めの準備までの行動がSTやニンジャストライクの様な感覚でできていました。

自分のターンでこの呪文を唱える分のマナが必要なくなり、かつサイバーダイスベガスと同時に採用されたデッキの守りを固めていたカードでした。






「真・龍覇 ヘブンズロージア」
ロージアダンテというデッキの看板を背負うカード。

入っていたデッキは主に
・ロージアダンテ



個人的には入るとは思っていなかったカード。ここまで今回の殿堂入りが環境デッキ全体の「デチューン」ではなく「リセット」になると考えていなかったからです。

ほぼロージアダンテ専用カードと言わせてしまうような、ドラゴンズサイン、レッドゥル、ミラダンテⅫ、各光5コストドラグハートとの完全なシナジーが美しかったです。

光文明にSAの要素を取り入れられるレッドゥルの方が選ばれて、ロージアダンテというデッキは残ると考えていました。






「破界秘伝ナッシング・ゼロ」
無色(ジョーカーズ)クリーチャーのブレイク数を手札消費1枚だけで最大3枚増やせるカード。

入っていたデッキは主に
・無色ジョーカーズ



個人的には入るとは思っていなかったカード。ジョーカーズは他にもダンガンオーなどの多数枚ブレイカーが採用される場合も多くあり、必ずしも入っているカードではなくなっていたからです。

ほぼジョーカーズ専用カードであり、ジョジョジョマキシマムなどの新規カードもあり影が薄れてきた矢先の殿堂入りで正直今回一番驚いています。






「音精ラフルル」と「単騎連射マグナム」
前者はST呪文を、後者はSTやシノビクリーチャーを低コストで完全に使えなくしてしまうカード。

入っていたデッキは主に
・ドギラゴン剣(ラ・単)
・レッドゾーン(単)
・火水ブランド(ラ・単)
・墓地ソース(ラ)
・サザンルネッサンス(ラ)



個人的にはラフルルは入ると思っていた、単騎の方はどうかなと思っていたカード。採用デッキが単騎に比べて多かったからです。

「コンビ殿堂」と言う人もTwitterなどでよく見られましたが、「それぞれを殿堂入り」にしないと片方を複数枚許すことになってしまうので、かなりいい判断だと思いました。

「コンビ殿堂」はあり得ないとずっと言っていたので、なんかホッとしました。






で、長くなったので残りは次の記事で。

当たり前のことをまとめて書いただけでしたけどね。


では、失礼。
質問・意見などはTwitterのhttps://twitter.com/btsa99まで

https://www.youtube.com/channel/UCsmKWX7dJ44jfE2ce0w3GQw
posted by ジャック at 20:00| Comment(0) | DMルール | 更新情報をチェックする